Information

rei uchiyama

cutting board (C561)

objects
out of stock
details

about this item

木工作家の内山玲のカッティングボード(C561)です。水の作用で丸くなった海浜や川床にある小石やピザ窯で使う年季の入った木製のピールから着想を得たカッティングボードは装飾的な要素を削ぎ落とした控えめな形の中に、ユニークさも兼ね備えた道具(作品)です。使って、眺めてお楽しみください。
専用布袋付き。


rei uchiyama

1984年、鹿児島県生まれ。岐阜県飛騨高山にて木工を学ぶ。現在は滋賀県にて作品を制作。

color
ナチュラル
size
約231mm x 215mm x 18mm
material
栗材、荏胡麻油
origin
handcrafted in shiga
attention
木目や色、表情に個体差があります。形や大きさもそれぞれ違いますのでサイズを必ずご確認ください。 お手入れ方法は付属の取扱説明書をご覧ください。
news
2023.03.18
[exhibition] rei uchiyama / dimple
2023.03.03
[exhibition] jan machenhauer / form and function pt. 3
2023.02.17
[exhibition] tensegritylab.
2022.12.09
[exhibition] sohi matsuda (roam) / sphericon & oloid
brand
instagram / retail store